ウェブサイト全体がHTTPS(常時SSL)化しました

みなさん、こんにちは。三重県津市で印刷会社とWordpressによるホームページ制作、コンテンツ・マーケティングを支援している、株式会社アイキャッチです。

2016年6月末に、XSERVERが常時SSL無料・無制限になったのを機に、記事を書きましたが、弊社(株式会社アイキャッチ)のウェブサイトも、遅ればせながら常時SSL対応となりました。

ちなみに、SSLとは

インターネット上でのデータの通信を暗号化するセキュリティ機能のことであり、Secure Sockets Layerの頭文字を取って略されたものです。
また、そういった情報の暗号化通信だけではなく、該当のWebサイトが信頼できるものとして証明する機能も備えています。
個人情報を取り扱うサイトにおいては特に、ユーザーに安心してサイトを利用してもらうために、SSL証明書による安全性のアピールが必須と言われています。

https://www.xserver.ne.jp/manual/terms.php#13より引用

XSERVERで無料で使えるSSLは、Let’s Encrypt

XSERVERでは、有料で使えるSSLも用意されています。(別途1000円/年間より。)サイトシールが必要なら、SecureCoreのドメイン認証SSL(別途9000円/年間)以上のブランドで契約になります。

今回無料で使うLet’s Encryptは、Let’s Encrypt総合ポータルに日本語の詳しいユーザーガイド(説明)があります。

今回は、XSERVER上で、WordPressサイトをlets EncryptでSSL化する方法を記します。必要な設定は、次のとおりです。

(1)XSERVERの設定

1.サーバーパネルにログインします。

2.左下の「設定対象ドメイン」からSSL化したい対象ドメインを選択し、「設定する」をクリックします。(ドメイン設定で、ドメインがXサーバーに設定されている事を前提としています。)

3.サーバーパネル右上の「ドメイン」から「SSL設定」をクリックします。

4.SSL設定の一覧からドメインを確認し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

XSERVER側の設定は以上です。

(2)WordPressの設定

1.WordPressにログインし、(インストール、その他の事項は設定されている事を前提としています。)設定→一般をひらきます。

2.WordPress アドレス (URL)の項目をhttp://からhttps://に変更します。

3.サイトアドレス (URL)も同様にhttps://に変更し、「変更を保存」をクリック。

4.プラグイン→新規追加「Really Simple SSL」 インストール、有効化。

大まかな流れは以上になります。

その他、必要があればGoogle Analytics や、Google Search Consoleなどの設定も変更しておきます。

この際サイトの再構築もオススメです

上記の作業だけでは、サイト上のアイコン等の表示がおかしくなってしまったり、なんだか訳が分からなくなってきたりする事もあります。

そうなってくると複雑さは混迷の度合いを増し、いろいろとやるべきことが多くなってくるので、いっそのことWordPressのデータベースのバックアップを取った上で、新規に構築し直すという事も視野に入ってきます。(その場合、検索サイトでの順位は?・・・など、また考える事、やるべき事が増えてしまうのですが・・・)

リニューアルを兼ねて、テンプレートを変更したり、サイトの構成そのものを見直したりするいい機会かもしれません。

あまり参考にならない記事ですみません_(._.)_

XSERVERが2016年6月30日より独自SSLが無料&無制限に!

弊社がおススメするレンタルサーバー(Xサーバー)が、2016年6月30日より、独自SSLが「無料・無制限で利用可能」となりました。

Xサーバーの無料独自SSLの特長とは?

Xサーバーは、一つのサーバーアカウント契約で、マルチドメインの設定が無制限に可能です。最安のプラン(X10)は初期費用3,000円(税抜)、月額900円(税抜)で、MySQLのデータベースは50個まで利用できます。これは、何を意味するかというと、WordPressなどのCMSを50個も立ち上げることができます。(シリウスなどのhtmlサイトならMySQLを使わないため、サーバー容量(200GB)の限り無制限にドメインを設定できます。)

(ちなみに、弊社で提供しているWebサイト作成サービスでも、Xサーバーはハードウェア、特にCPUとメモリーの量においてスペックが高く、そのためWordPressサイトの表示がとても速いので、よく利用しております。)

そのXサーバーで、従来は高額だったSSLが、無料、かつ無制限に利用できるようになりました。

そもそも、SSLとは何でしょうか?

SSLとは、Secure Sockets Layerの頭文字をとっています。簡単に言うと、インターネット上の通信を、暗号化する仕組みといえます。

インターネット上での通信は、例えばウェブサイトにアクセスして、ホームページを閲覧する、という場合は、手元のスマートフォン(タブレット・パソコンなんでもいいです)と、インターネット上のウェブサーバーとの間に通信が発生します。

検索サイトにアクセスし、検索ワードを入力したら、検索ボタンをタップする。

このシンプルな一連の流れの中にも、通信が発生しています。

検索サイト、と書きましたが、たとえばGoogleにアクセスしてURLを見てみますと、

https://www.google.co.jp/

というようになっていると思います。

SSLで暗号化しているウェブサイトは、「https://・・・」で始まるし、

暗号化されていないウェブサイトは、「http://・・・」で始まります。

どちらがより安全か?といえば、暗号化されている方が盗聴されにくいので安全といえます。

従来は、ショッピングサイトなどでは、SSLにより暗号化されていましたが、Googleがウェブマスター向け公式ブログで2014年8月にHTTPSをランキングシグナルに使用しますという記事で、「ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様にHTTPからHTTPSへの切り替えをおすすめしたい」と書かれてから、個人のウェブサイトやブログなどでもHTTPSを採用するところが増えてきました。

その流れを受けて、各レンタルサーバーで扱っているSSL証明書が、段々と低価格になってきましたが、いよいよここに来て、無料しかも、無制限という流れになってきました。

これは、導入するしかないのではないでしょうか。

電子入札で新たな地平を切り拓く!

みなさん、こんにちは。三重県津市で印刷会社とWordpressによるホームページ制作、コンテンツ・マーケティングを支援している、株式会社アイキャッチです。

弊社では創業時より、電子入札という方式の調達に取り組んでおります。

電子入札は宝の山か?

皆さんは、電子入札をご存知でしょうか。

電子入札とは

電子入札とは、主に官公庁と業者との間における入札業務をインターネット上で行うためのシステム、および、入札方式のことである。

電子入札を導入することで、かつて書類で行われていた入札における作業はすべてインターネット上で行うことが可能となる。利用に際しては認証用のICカード、およびICカードリーダなどを用意する必要がある。

電子入札のメリットは、移動コストの削減、競争性とそれに伴う品質の向上、また国民に対して情報公開を行うことによる透明性の確保といったものが挙げられる。電子入札は2001年9月、横須賀市が日本で最初に導入した。なお国土交通省は、2010年までに電子入札を全ての市町村の公共事業において導入することを目標としている。

電子入札は、ここ10数年の間に広まってきた調達方式です。

従来の入札方式は参加資格を得た窓口に、調達情報を見に行き、後日、封印した封筒に入れた見積書を持参して、立ち合い入札(あるいは見積合わせ)が一般的でした。

ところが、それまでの煩わしさをデメリットとして、政府のIT戦略もあり、電子入札はここ数年でかなりの拡がりを見せてきました。

電子入札による機会増加のメリット

電子入札は、「今まで紙で提出してきた役所に、わざわざ立ち合いや提出に出向かなくても良い」だけがメリットではありませんでした。「時短」だけではなかったのです。

インターネットとICカードというテクノロジーを利用することによって、時間的・地理的コストのハードルを極端に下げたのです。
具体的には、参加資格さえ取ってしまえば、他県、他の市町村、あるいは政府の入札に参加することさえ可能になってきました。すなわち、「機会の増加」のメリットです。

参考:政府の調達情報について 電子政府の窓口e-Gov

また、政府の参加資格を得ることによって、政府に準じた参加資格を要求する団体の参加資格を得ることも可能になってきたのです。

参考:統一資格審査申請・調達情報検索サイト

参考:ジャパンネット株式会社 DIACERT-PLUS

利用可能なシステム その他の公共団体

上記、その他の公共団体を見て頂ければわかるのですが、何と条件さえ満たせば、「日本銀行」の調達さえ、参加できてしまうのです。もう少し身近な、たとえば当社は東海地方(三重県)に所在しておりますので、「中日本高速道路株式会社」の入札に参加できたりしてしまいます。その他、日本年金機構や旧郵政関係・・・・探せばもっとありそうです。

こういった今まで思いもよらなかった「入札機会の増加」も、インターネットとICカードというテクノロジーを利用することによって現実的になっているのです。

もちろん、企業の規模によって参加できない案件もあるのですが、探せば参加できる案件もあります。

電子入札参加による、さらなるメリットも?

随意契約をご存知ですか?

みなさん、随意契約(ずいいけいやく)という契約形態はご存知でしょうか?

国および地方公共団体が行う契約は入札によることが原則であり(会計法第29条の3第1項、地方自治法第234条第2項)、随意契約は法令の規定によって認められた場合にのみ行うことが出来る。随意契約によろうとする場合は、なるべく見積書を徴すること、またなるべく二以上の者から見積書を徴することとされている(予算決算及び会計令第99条の6、都道府県・市町村の規則等)。 -wikipediaより引用

随意契約、略して随契(ずいけい)というのは、例えば10万円未満のものについては、(団体によって金額はいろいろです。)入札制度によらずに、随意契約に・・といったように、ある一定の金額未満の契約は、例えば従来から取引のある業者だったり、近所の業者だったり、前回の落札業者だったり・・・いろいろあると思いますが、要は「知っている」業者の中から選ぶ制度です。(癒着とはいいません)逆にいえば、知らない業者からは、選びようがないのです。だって、知らないのですから。

この随意契約が、団体によるのですが多い場合があります。そういった団体には、上記の理由からか、新規業者が営業に行ってもなかなか業者登録をしてもらえなかったり、ハードルが高かったりするのです。(だって、面倒くさいじゃないですか?営業に来られる立場で考えてください。)

政府の参加資格を得よう

これは、直接的には電子入札とは関係ない話なのですが、

資格審査結果通知書の例

1.ICカードを取得する

2.政府の調達参加資格を得る

当社は、この流れで政府調達の参加資格を得たのですが、政府調達の調達参加資格を得ると、左のような「資格審査結果通知書」という書類が届きます。

そこで、先ほどの随契の話に繋がるのですが、たとえば○○省の出先機関などから、小物(業界用語で端物、名刺とか封筒とか、チラシとか、メモ帳とかです)の印刷を新規に狙いたいな、と思った時に「資格審査結果通知書」のコピー(あらかじめ何枚かコピーをとって持参します)を、営業活動と同時に提出するのです。

すると、必ずというわけではありませんが、対応が変わったりすることもあるのです。今まで、適当にあしらわれたり門前払いに近い状態だったのが、「政府の(国の)入札参加資格も取っております」と言って、「資格審査結果通知書」を見せると、ひととおり目を通したのちに、「コピーをとらせてもらってもよろしいですか?」という対応になったりします。

これは、営業上大きなアドバンテージと言えますよね?

ICカード取得と設置は当社に申し付けくださいね

当社は平成27年10月1日より、ジャパンネット株式会社と提携(契約)し、

  1. ICカードとICカードリーダーの販売
  2. 電子入札PC設定サービス(訪問設定)

を開始しました。

ジャパンネット株式会社販売代理店のページ

併せてPC販売、フレッツ光回線の販売、訪問設定もしておりますので、今後共当社「株式会社アイキャッチ」を、何卒よろしくお願いいたします。

もしよければ、下の「いいね」をクリックしてください。